これまで19年間、認知症対応型グループホームななかまど美唄館・歌志内館を運営してきて、本当に多くの利用者・家族・介護スタッフ・同業者・地域の沢山の方々に支えられてきました。美唄館では、03年から09年まで美唄市内の短期大学留学生(中国)を受け入れてきた実績・経験を活かし、2016年3月よりベトナム・ダナン市内のドンア大学と介護実践研修eラーニング契約を結び現在に至っています。この5年間で日本の外国人受入れも大きく変革を迎えました。今は、留学生のみならず介護・医療現場では多くの外国人技能実習生が活躍されています。「人を作る心を作る介護人材育成に立場はいらない。戦略である。」2015年ななかまど教育学院を設立、介護福祉士実務者研修通信科を開設、国外では唯一の海外通信課程450時間の養成施設として指定を受けています。2019年には、介護職員初任者研修の指定もさらに受けています。日本の介護施設の超人材難時代を生き残る戦略として、秘められた外国人介護・医療人材の力を引き出し貴施設運営の戦略として職場の活性化に役立たせてください。